読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュピーゲル

水平線上の鏡

2017/05/20

f:id:julyjulydawn:20170520114614j:imageあじさいの葉っぱ。

今日も普通のお点前でお濃茶とお薄を。

茶入のおしふくが長緒でした。紐の扱いと処理を忘れずに、かたとんぼは茶箱の時です、混ぜこぜにならないで。

 

お軸は前回と同じ『薫風自南来』

茶杓は『円能斎』でご銘は『苔清水』

 

どうでもいいけどあやめと菖蒲と杜若では杜若が好き、シチュエーション的に。

 

 

2017/05/06

五月になったので夏のお点前、風炉になりました。

f:id:julyjulydawn:20170506115131j:imageお花は紫蘭、綺麗です。

お点前は普通に濃茶点前を。

茶杓は『認得斎』ご銘は『草笛』

お軸は『薫風自南来』

 

2017/04/22

f:id:julyjulydawn:20170422105242j:imageお花は『浦島草』葉っぱが可愛い

 

お点前は今度のお茶事に向けて普通に運びのお濃茶とお薄を。

ご銘は『苗代』お茶杓は『仙叟』

お軸は『行雲流水』

かえ茶碗を出す時に帛紗付け忘れがちなの気を付けましょう

 

2017/04/08

引き続き唐物お点前のお稽古。

ご銘は『面壁』

お軸は『桃花春風に微笑む』

茶杓は流し掛け、茶筅は綺麗な時は御釜の側、汚れたら建水の側

 

お薄のお稽古も。

お薄器は金輪寺で春霞蒔絵、

茶杓は六閑斎、ご銘は『花紅』

あとお菓子、新潟長岡の「米百俵

由緒ある有名なお菓子なんだって。美味しかったです

 

写真が特に無いので……手持ちの小物の写真を載せとこう

f:id:julyjulydawn:20170408192342j:image

食べ切れずに残しちゃったお菓子なんかをこれに入れて持ち帰るためのやつです

2017/03/25

唐物お点前。ご銘は『独坐』

 

今日は来月末のお茶事に向けて久しぶりに炭点前のこともやりました。初炭から。覚えてる限りでメモ書き出してみたけど既にあやふやになっている

f:id:julyjulydawn:20170325113932j:image

炭とりの中の初炭の用意。既にだいぶあやふやなので復習しましょう。